シンボルツリーの糞害から守る鳥除け対策

注意
はじめに、今回は少しお見苦しい画像もあるかもしれません。
お食事中の方等、ここから先はお控えいただければ幸いです。

Kei

こんにちは。Keiです。
今日は鳥除け対策のおはなしです。

我が家の外構はコンクリートメインで、事前にシンボルツリーが植樹出来る状態に穴を作ってあります。正直な所、この状態であることに違和感はなかったんですが・・・。

3年後・・・

木に留まる鳥達のエサ場になっているのか、特定の鳥達が毎日の様に我が家のシンボルツリーにやってきます。どうやら、かなり気に入ったらしく(上の写真が掃除後のシミ後)長居をしているので、コンクリートの糞害がかなり酷くなってきました。

毎日毎日の掃除では正直追いつきません。
ここまでの状況は予想外です。

鳥除け対策はいろいろある

ネットサーフィンで探りまくったのですが、パターンはいくつかあるみたい。

①CD吊るすタイプ

鳥は光の反射を嫌うと言われているので、光り物を吊り下げたり、CDを吊り下げたりして防いでいるのはよく見る光景です。我が家でも試しましたが、全くと言っていい程効果はありませんでした。他にも吊り下げグッズはあるんですけど、見た目がよろしく無い気がして・・・。

②強力な磁石を設置するタイプ

created by Rinker
山野製作所
¥880 (2020/03/31 15:30:55時点 Amazon調べ-詳細)

鳥は地球の磁力の力で方向を察知して飛ぶことから、磁石は自身の方向感覚を狂わせることができ、強い磁力の周辺には近寄らないと言われています。実際、効果があると言われている方もいらっしゃる様ですが、留まる鳥によっても影響があったり、なかったりする様です。それも相当に強力な磁石でないといけないみたいなので、見た目の体裁からも厳しいかなと・・・。剪定する時に時計とかしてたら怖いし(笑)

③超音波スピーカー

大人の人間にはほとんど聞こえないと言われている、特別な周波数帯の超音波を発するスピーカーもあります。(ある程度の距離が離れていても、うちの子供にもある周波数帯は聞こえるみたいで、頭が痛くなる程だそうです)実際、家横の家庭菜園の畑に猫よけとして設置しています。センサーで反応し、近くに来ると超音波で威嚇してくれます。この所はあの独特な匂いもないので、猫には一定の効果はあったのでは?と感じてみます。やってみる価値はあるか・・・と思ったのですが、シンボルツリーがある場所の向かいには、お向かい様の犬が飼われているので、どうしても可愛そうで我が家では断念。(少し前に菜園へ鳥が来ていたのも見かけている。もしかすると、鳥が小さいとセンサーが反応しないのかもしれない。)

そこで見つけたのが・・・

その名も「とげピー」

いわゆるトゲトゲを作りましょう!!ってやつ。
マンションの手摺とか、屋上の淵とか鳥の留まりそうな場所を狙って、並べるという至って簡単なもの。

Kei

あんまり期待はしてなかったけど・・・

中身はこのトゲ棒と、

トゲ棒を支える台座が入ってます。

トゲ棒を刺す箇所がいくつものパターンで構成されてるので、設置する場所で自由にカスタマイズ出来る仕様になっています。鳥の大きさとかで刺す位置が変えれるイメージですね。これは良い。しかも、切り目が入っているので、長さをカットして調整出来る仕様です。なかなか考えられてますね。

Kei

とりあえず色々ブッ刺してみよう

二本をクロス刺しにしているので、隙間が無いので留まりにくい。

上手く組み替えれば、トゲ棒の節約にもなるかもしれないですね。
あまり多いと景観が崩れる可能性もあるので、全体のバランスも考えながら使えるのも良いと思います。台座が10本あるんですが、トゲ棒が余ればトゲ棒だけでも使えるんじゃ??とか考えてみたり。

長さを求める場所でも連結出来るので使い勝手は良い。

早速取り付けてみる

いつも留まっているであろう箇所(地面が汚れている箇所)の垂直にある枝に目星をつけてサイズを合わせていきます。どこでも留まる鳥だと思うので、まずは好んでる位置から潰して行くしかないかなと。

Kei

うん。これは嫌がりそうな気がする。

枝に縛るのは園芸用の結束バンドを使います。
針金だと枝を痛めることになったり、そこから折れやすくなるのでね。
DAISOで売ってます。(140本入りでコスパよし!!)

仮止めして位置を微調整。

トゲ棒の土台はシナリが効くので3本くらいで固定しています。
ぱっと見では目立ちにくい感じです。

重点箇所にいくつか設置していきます。

少し材料は余った感じですが、しばらくこれで様子を見ようと思います。これで、また新しい枝を探すと思うので、その位置を再度確認し取り付けていこうと思います。鳥の習性や好みは分からないので、一度にたくさん付けるよりは少しづつ増やしていくやり方で様子見していきます。

その後はいかに??

〜1日経過〜

どうやら警戒している様子で糞害は減りました。ただ、慣れてくればまた留まりやすいところを狙ってやって来ると思いますので、経過を見たいと思います。

〜1週間経過〜

数カ所に糞害が確認できたので、トゲ棒を増やしていく事にします。
なかなかしつこく頭のいい奴だと思います・・・。
とにかく根比べですね。

とは言え、自宅前のシンボルツリーに鳥がやってくる事(カラスやスズメではない)は、自然な感覚的には喜ばしい事ではあるんですけど、流石に匂いもキツイですし、見た目もよろしく無いので、鳥さんには申し訳ないですが、場所を変えてもらえたら嬉しいですね。

ちなみに、我が家の庭スペースにもシンボルツリーと同じ「シマトネリコ」がもう1本植えてあります。小さい苗から育てたやつなんですけど。

【広い空地を有効活用する】庭造りへの道~モミジとシマトネリコとミモザ~

この子がなかなか大きくなってくれたので、こっち側をエサ場にしてくれたら肥料の代わりになるのになぁと。しかし、人間様の思うようにはならないもので・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です