クッションベンチ椅子をインダストリアルなアイアンベンチにリメイクしちゃう【後編】

クッションベンチ椅子

こんなアンティーク感ある事務椅子っぽいベンチをいただいた訳ですが、アイアン系にリメイクしちゃおう!!という事で、前編はこちらから。

クッションベンチ椅子をインダストリアルなアイアンベンチにリメイクしちゃう【前編】

いよいよアイアンペインティング

アイアン塗装

下地塗装のプライマーが乾いたので、アイアンペインティングしていきます。初めて使ってみましたが、ネタの伸びは「こんなもんかな!?」って感じです。

created by Rinker
ターナー色彩(Turner Color)
¥1,314 (2020/03/31 18:18:51時点 Amazon調べ-詳細)

良くもなく悪くもなく・・・。

ただ、速乾性はあるので大雑把に塗って、後から重ね塗りするとムラなく塗る事も簡単です。アイアンペインティングは厚塗りすると、その風合いがゴツゴツした鉄の感じになります。

アイアン塗装完成

ほらっ!!

い感じでしょ!?

インダストリアル感が増してきたところで、座面の仕上げに入っていきたいと思います。

余分な面をカットしていく

微調整カット

予め長さはカットしておいたのですが、短くなるのはと思って少ーしだけ余分にカットしていたので、キリ合わせしていきます。とは言え、丸鋸使いこなしてる訳ではないので、薄くカットするのは超難しいですね。

ガタガタににった部分は紙ヤスリでゴシゴシやってますが写真ありません。なかなか大変で出来たら電動サンダーあった方がいいですね。いつかゲットして綺麗に仕上げます。

仕上げの蜜蝋ワックス

ミツロウワックスで仕上げ

やっぱりここで使うのも蜜蝋ワックスです。オリジナルの蜜蝋ワックスでは高級とされる「荏の油」を使ってます。伸びも良くてナチュラルな木目のツヤ感が感じられます。馴染んでくるとマット感もあるので、自然な感じがします。これを裏面とオモテ面にたっぷり塗り込みます。

蜜蝋ワックス

蜜蝋ワックスはお手製です。
自分達で材料勝手配合したものですけど、持ちもいいですよ。

脚を取り付ける

ベンチ椅子の脚つけ

しっかり乾燥させたら脚を取り付けます。ここまできたら完成です。めちゃくちゃ簡単なDIYです。是非、チャレンジしてみてください。

撮影してみる

<ウッドデッキ>

ベンチ椅子と植物

やっぱりアウトドアでも存在感出ますね。
ただ雨には弱そうなので放置厳禁にしました。
使う時だけ外に出そうかな。

<土間>

ベンチ椅子とTRUCK家具達

TRUCKさんの家具とも相性良くて、
やっぱ鉄脚揃ってる方がいい感じ。
パーティ時にも活用出来そう。

下地の修正材塗装をしようか迷ってます・・・。

あとがき

出来上がってから思った反省点としては、バンドで貼り付ける時にクランプは必須だってこと。2つしかない場合、一枚づつ貼り合わせていくのがベターかなと思います。やっぱり圧着しないと、ほんの数ミリの隙間が見た目を欠いてしまうなと思います。

料理でもなんでもそうだと思うんですけど、簡単なもの程、手間を掛けるといいものに仕上がります。これ先輩の教えです。細部であればある程、時間を掛ける事でより良い仕上がりと満足感が得られると思うんですよね。なので、まだ粗削りな部分もあるので時間をみて補修していけたらなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です