けいぶろぐ的『施主支給』建築のすすめ~施主支給を実現するために私がやったこと~

はじめに

今回は『施主支給』について掘り下げていこうと思いますが、もちろんメリット、デメリットがあり、『施主支給』を前提とした私なりの経験談を交えお伝えさせていただきます。もし、『施主支給』にチャレンジしようとしているんだけど、「どんな事例があるんだろう?」と不安になられてる方も多いと思います。そんな方々のお役に立てれば参考になるかと思います。また、『施主支給』についてお悩みな事があれば、遠慮なくコメントよりご質問ください。

施主支給とは

ハウスメーカーや工務店指定の建材ではなく、施主が自ら調達し施工していただく事を『施主支給』と言います。家を建てる上で、どうしても指定の建材(メーカー)に気に入ったものが無い場合は、「施主支給」で建材を揃える事でより理想の家づくりが出来ると思います。今回はそんな「施主支給」について経験をもとに書いてみようと思います。

「施主支給」のメリットやデメリット

メリット① 選択肢が多くなる
「施主支給」で一番の大きなメリットは、自分が選んだ物を選択し取り付ける事ができるという点ですね。建材も大手から個人業者まで幅広いかいしゃが存在します。大型設備の「キッチン」や「お風呂」のみならず、「クロス」や「フローリング」、「照明」一つとっても施主支給の対象となると思います。

 

メリット② 低コスト導入が出来る
これこそ誰もが望むところだと思います。どうしても、工務店や施工会社を通して取り付けとなると、中間マージン(流通利益)が掛かってしまう観点から、コスト単価が上がってしまうという点です。業者価格と個人購入価格に差がある場合などは、この点が大きなメリットになると思われます。

デメリット① 責任は自分に掛かってくる
「施主支給」の場合、施工者側(工務店等)ではなく建材調達者が責任を負う可能性が高まります。施工者側(工務店等)が用意した建材であれば、何か問題があっても施主自身に責任が来ることもまずなく、解決まで対処していただけると思いますし、もちろん責任の追及も可能だと思います。しかし、建材調達者側が用意したとなれば、問題が発生した場合はその対処も全て自身で行うことになる訳です。

 

デメリット② 的確に施工できない可能性がある
施工者側(工務店等)が取り扱った事のある建材であれば、過去の実績もあり、施工もスムーズかつ丁寧に実施していただけると思いますが、実績のない複雑な建材であれば、建材が本来持っている性能を発揮する事ができず、やり直しになる可能性もあります。その場合の責任も調達者側に掛かってくる可能性があるという事です。

「施主支給」による基本的な「メリット」「デメリット」は上に挙げた通りですが、他にも施工する側、される側における価値観でその「メリット」「デメリット」は大きく変わってくると思います。

じゃあ、そんなにデメリットがあるのになぜ我が家では「施主支給」を重視したのか!?そのあたりをご説明していきます。

私の価値観

マイホーム

「マイホームを建てる!!」という自分の念願の夢を叶える意味で、本当に自分が良いと思った間取りや建材を使いたいっていうのが一番の価値観です。もちろん、限られた資金の中で家を建てるので、何でもかんでも使える訳ではありません。限られた資金だからこそ、全力でコストやデザイン、機能性を考えた建材を調達したいと思うものです。

家を建てる前から、「ありきたりな家」は嫌だったのが正直なところです。家は消耗品ですし、経年で劣化していくのに何千万という大金を使って建てていくんだから、「自分達が本当に住みたいと思える家にしたい」これが家づくりにかける想いであり、起動力だったと思います。

施工者の選定

「施主支給」を行う上で絶対に大事なのは「価格を抑える事や」「デザインの妥協を許さない」という事ではありません。私が思う大事な点は・・・。

施工者(建築会社)選び

これです!!

今の工務店に決める以前に、色々なハウスメーカーや施工会社、デザイン会社などの展示会(内覧会)におじゃましました。それぞれに個性や拘りがあり、中にはこれまでの想いを覆し、「ここで建ててもらおうかな」と思える所までありました。

しかし、どの会社を訪問しても現実的でなかったのは・・・。

「価格」

これしかありません。

どの「家建て」系の情報でも書かれている事ですが、大手ハウスメーカーや有名な施工会社では予算的に全く歯が立たなかったのが現実ですし、「施主支給」の話になると逆に「割高になる話」ばかりをされた印象が残っています。

結局のところ「責任が持てない施工」はやりたくないし、後でトラブルになりそうな事は始めから断っておいて、自社の安心できるものを勧めて口説いていこうというのが本音かなと思っています。

そんな中で最終2社の選択肢にしたのですが、一つは町の近所で評判の良い工務店の紹介と、奥様の友人の工務店です。紹介してもらったからとか、友人だからとかいう本質でない部分は抜きにして本気で見積をとってもらったところ、奥さんの友人の工務店が数%程安かったのを覚えています。

しかし、最終的に決めたのは安易に「安かったから」ではありません。結果として、「施主支給」を完全に受け入れてくれた事にあります。実はここには私自身の想いがあり、単に「施主支給」でコストを下げて安い家づくりをするのではなく、「得る利益(メリット)は双方にある中で家づくりをしたい」と2社に話をした事です。

建てる側は仕事ですから「利益」を確保しなければいけません。施主は「安くはしたいが、安心できる良い家を建てたい」訳です。ですから、取らなければいけない利益は充分に取って欲しい!!と伝えていた中で、「施主支給」を受け入れ「コスト」を下げた提案をされた事が最終的な決め手になったと思っています。

施主の意見を理解していただいた上で「施主支給」を受け止めてくれる!!そんな工務店(施工会社)選びをする必要が「施主支給」にはあると思います。

建材選び

#サンワカンパニー#ショールーム

いよいよ建材選びです。我が家では「施主支給」のほとんどが「サンワカンパニー」さんです。デザイン、価格、機能性をとっても理想のものが多かったというのが決め手です。もちろん「サンワカンパニー」さん以外にもたくさんの建材メーカーに足を運びましたし、ショールームを持たない遠方のメーカーさんもネットで調べつくした結果です。

「サンワカンパニー」さんを選んだ理由は過去に書きました。

【家が建つまでの経過を見る⑪】仕上げ工程に突入してきたぞ編【家が建つまでの経過を見る⑪】仕上げ工程に突入してきたぞ編

キレイにはまってる様に見えますが、これは監督の見事な仕事のおかげです!!実は、実際の設計時点ではない部材が一杯入っています。一つは建具両端の黒いフレーム、これ鉄鋼で出来ているんですが、建具を閉める時の戸当たりになっていて、密閉を高める要素と柱に負荷をかけない様に作られたものなんです。もちろん「サンワカンパニー」でこんな施工指示があった訳ではありません。

鉄の建具が柱にあたる衝撃は、たとえスムーズクローズであっても大きいものがあります。クロス仕上げだけだと当然クロスは傷むし、柱への負荷も大きくなる訳です。全体の重さや大きさを考慮して、監督が自ら図面をひいて施工したんですね。

我が家の「クアドロ」は三枚戸なので、全て締め切った時の三枚奥行が柱以上の大きさになる分、仕上げ幅を調整する必要があったんです。隙間を開ければ密閉力が落ちるので、幅広の鉄鋼を用意した事で壁と面が合った施工を実現した訳ですね。圧巻です。

もう一つは真ん中に見える柱です。ここには当初木材の柱をいれるつもりだったんですが、階段の鉄骨と鉄枠の建具の印象を合わせる為に鉄骨の柱を用意する事になったんですね。これは建築確認申請にも影響せずにクリア出来ました。こういった柔軟な対応が「施主支給」には必要になるので、建材選びもしかりですが、施工者(工務店)選びが如何に重要かが分っていただけると思います。

トラブルが起きても動じない

f:id:keisuke9140:20160805003059j:plain

「施主支給」で最も苦難に立たされるのが「建材トラブル」です。我が家でも「トラブル」は勃発し、その都度で私や奥さんや監督が一つになって乗り越えようとしなければなりません。特に施主とメーカーでの折衝が一番重要になってきます。

我が家では「フローリング」でトラブルが発生しました。

【家が建つまでの経過を見る⑥】施主支給のフローリングでトラブル発生編【家が建つまでの経過を見る⑥】施主支給のフローリングでトラブル発生編

届いた「フローリング」の模様がサンプルや写真と違った物が届いたまでは良かったんですが、既に施工が始まってる段階で気づいた事で、床工事のやり直しをしなければいけない事態に陥ったのです。しかも、その交渉を全て施主自らやらなければいけないという事なんです。

【フローリングでトラブル発生】サンワカンパニーのクレーム対応が神対応だった件【フローリングでトラブル発生】サンワカンパニーのクレーム対応が神対応だった件

結果としては、サンワカンパニーさんでの対応が「神対応」だった事で、全ての工事がうまく進む結果になった訳です。しかし、この間も工事はもちろん止まりますし、施工スケジュールが狂ってしまう事で、大工や監督にも迷惑をかける事態になる訳です。

スムーズな対応が出来なかった場合には、工事中断なんて事もあり得る事態ですからね。ここのリスクがある事を頭に入れておかないと、せっかくのマイホームが大変な方向へ向かわないとも限りません。

しかも一度や二度の事でもない訳です。

神対応の『サンワカンパニー』再び!!神対応の『サンワカンパニー』再び!!

こちらも届いた建具が傷だらけといった内容で、このあたりになってくれば通常の交換で対応できるレベルなので難しくはありませんが、大工さんと工務店などの連携がうまく出来ていなければ、傷ついたままで完成を迎えるハメになったかもしれません。

自分自身も現場に足を運ぶ

現場に足を運ぶ

よく聞く話ですが、現場の立ち合いが出来ない工務店やハウスメーカーもある訳です。理由はもちろん「危険」だからですが、許可なく立ち入る事ができなければ、トラブルを未然に防ぐ事も出来ませんし、間違いを正す事や監督に質問を投げかける事すら出来ない訳です。

「施主支給」だからこそイレギュラーな事が起こる可能性を十分に秘めている訳ですから、定期的に現場の作業状況を見学できる環境にあった方が「施主支給」は向いているわもしれません。

まとめ

とにかくマイホームづくりは如何に施工側と施主側がタッグをくんで取り組めるかが重要です。信頼できる施工側であり、任せっぱなしの施主ではなく自ら進んでチェックできる能力を持っていれば、より価値の上がる『施主支給』が出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です