旧家取壊し作業3日目から6日目~庭造りの計画~

旧家の取壊し

新築した我が家の隣に旧家があり、取り壊し作業が進んでおります。この取り壊し跡地を我が家の庭にすべく経過を書いていく事にしました。前回までは・・・。

新年明けまして取り壊しでございます

2日目には足場やシートがかけられる。

旧家取壊し作業2日目~庭造りの計画~

まぁ、ただただ壊されていく旧家なんですが、どうも切ないというか寂しい気持ちになるもんですね。取壊しを具体的に書くブログなんて、そうは無いと思いますがせっかくですからね。引き続き記事にしますよ。興味のある方はお付き合いください。

取壊し3日目

取壊し3日目

実質4日目の始めであるんですが、3日目に瓦屋根が無くっています。大凡、玄関から居間あたりまで取壊しが進んでいました。木造&土壁の住宅ですからあっという間です。築40年程でもしっかりしている家だったので、柱などをチェックしたんですが、かなり丈夫な木が転がってました。

解体屋さんも、

「柱や梁もしっかりしていて頑丈よ」

「手入れもしっかりされてる家やね」

とお褒めの言葉もいただきました。

それだけに寂しいものがあります。

取壊し4日目

取壊し4日目

4日目が終了し5日目の朝に撮影しました。2階部分は全てなくなりましたね。1階部分も残すところ台所とお風呂のみになっています。足場も半分取れているので、もう建物自体は今日で終わるんだろうな・・・。軽く手を合わせて出社することにしました。

取壊し5日目

取壊し5日目

遂に建物自体はなくなりましたね(涙)奥に水色の煉瓦がありますが、あそこがお風呂場です。昔ながらのタイル地のお風呂で、夏場も涼しく、冬は極寒の風呂場。住んでいた時は少しだけリフォームしていたので、昔のお風呂の上からユニットバスをはめ込んでいたんですけどね。当然ですがまだ名残が残っています。施工状態を見る事が出来たんですけど、ここだけブロックで作られてました。

どうりで寒い訳ですよね。あの石タイルで出来た風呂場は全てブロックだったんだ!!そう思うと今のユニットバスって一見チープな様にも感じるんですけど、しっかり外気温を遮熱した作りになっているんですね。ユニットバスさまさまです。

取壊し6日目

取壊し6日目

足場が完全に無くなって、廃材の処理が進んでいます。基礎の状態がむき出しになっているんですが、ここにも丈夫な旧家の秘密が隠されていました。それは、基礎がキレイな水平を保っていて、ほとんど崩れもなく歪みもない!!

まぁ、基礎がガタガタな家はそもそも論外だと思いますが、40年前の住宅でここまで基礎がしっかり出来ている家を建てていたんだなと思うと、素晴らしい!!って感動できます。ちょうど1970年後半という事になりますかね。阪神大震災の震度4~5という状態にも耐え、ここまで頑張ってきた旧家。

今までありがとう!!!

旧家の功績を称え記事にさせていただきました。

お付き合いいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です