【WEB内覧内装編】ダイニングとリビングから眺める土間

ダイニングについて

前回、リビングからキッチンにかけての内覧や、キッチンまわりの内覧をしてるので、今更ダイニング?って感じだと思いますが、、、。

記事はこちら。

【WEB内覧内装編】リビングからキッチン編

そもそも、ダイニングとは?リビングとは?って事を考えて間取りをプランニングしたので、ここには少し拘りがある訳です。なので今回は敢えてダイニングにスポットを当てて内覧をしようと思うんですよね。

結局LDKでしょ!?

我が家の様に少ない敷地を上手く活用する上で、リビング、ダイニング、キッチンはひと続きであるプランニングが主流の様な気がします。実際、相当な広さを確保しなければ、分離したりL字にしたりというのは現実的ではなく、限られたスペースでは、I型にして目一杯使うのが最高のプランニングなのでは?と思っています。

1F平面図

だけども!!せっかく新築して家を頼む訳ですから、LDKを思いっきり楽しめて有効活用が出来る様にしたいと思った訳です。

一般的にはダイニングが食堂スペースで、リビングが居間であり、団欒スペースになると思います。図面の様な家具配置でも充分スペースは確保出来ている気はするんですけど、実際現場で測ると・・・。

ダイニングテーブルちっちゃい!!

4人がゆったり食卓を囲むって感じには少し狭い気もしますし、ソファコーナーとの間が狭いので、開放的というより圧迫感が出てしまう感じです。それにこんなL字ソファのスペースは勿体ない!!(笑)

考えた末の決断はこうです・・・。

ダイニングテーブル廃止!!

そう!そもそもダイニングテーブルを止めてしまおうと思った訳です。でも、小さい子供もまだいるし、簡単に食卓を廃止するには生活的に少し支障が出てしまう気がします。そこで、キッチンカウンターに更にカウンターを作ってしまおうと考えた訳です。

我が家のダイニングテーブル

スペースを有効に活用する上で、圧迫感のあるダイニングテーブルそのものを置く事は断念し、新たにキッチンに合わせたカウンターを作る事にしました。もちろん、工務店に頼んでね。

それが前回紹介したこのカウンター!!

ダイニング&キッチン

キッチンカウンターの下にダイニングテーブルを設置。こうする事で、ダイニング全体の奥行スペースを確保し、4人横並びで夕食を食べるスタイルにしたんです。食事だって運びやすいし、友人が来た時はカウンター越しにお茶を出したり出来る訳ですよ。まさに、「うちカフェ」みたいでしょ!?

ダイニングカウンター

夕食を4人で並んでる時はなんだかラーメン屋の様な居酒屋の様な雰囲気の中に居るみたいです。でもこれだと、お鍋とか、シェア皿で取り分ける時なんかが少し面倒なんです。実際、来客あって食事をする時は椅子が足りなくなってしまうんですよね。

そこをしっかり考えてこのカウンターは作ったんですよ!!

トランスフォームすーるーーー!!

#ダイニングカウンター#パーティスタイル

実際にはテーブルの形を変える訳ではないんですが、テーブルを横向きに設置する事でパーティーテーブルに早変わりする訳です。そもそもキッチンカウンターの長さに合わせて作っているので、全長2500mmのカウンターなんですよ。なので、横置きにした時はリビングエリアにも突入する訳ですが、ソファと組み合わせる事で対面式のカウンターになるんですね。椅子を用意すれば軽く10人は座れる環境を作る事ができます。

#ダイニングテーブル#クリスマス

実際、こんな風にパーティースタイルを楽しむ事だって出来ます。これがダイニングテーブルを諦めた理由ですね。もともとLDKとして融合しているスペースだからこそ、思いっきりフル活用する方が結果的には良かったなと思っています。

リビングやダイニングから眺める土間

以前、土間についての内覧はさせていただいてますが、 

【WEB内覧内装編】1階土間から2階天井への吹き抜けについて【WEB内覧内装編】1階土間から2階天井への吹き抜けについて

土間とリビングダイニングは一続きなんです。冬場やエアコンを使う時はガラスの建具で間仕切っています。ここがどんな風に見えるかというと・・・。

こんな感じ!!

#サンワカンパニー#間仕切り#TRCUK FURNITURE

この雰囲気がなんとも言えず好きです。
外の様な中の様な。
ショーケースの様な。
家の中に異空間がある感じです。
吹き抜けを可能な限り有効的に使ったので一番の贅沢ですね。

#リビングから見る土間

大人数が来た時は土間でもお茶できますしね。
ここが一番の寛ぎ空間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です