地鎮祭しないので簡略化の為にご祈祷することにした~方違神社に行ったはなし~

地鎮祭

地鎮祭(じちんさい)とは、『とこしずめのまつり』とも言って、土木工事や建築などで工事を始める前に、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらう事への許しを得るものとされています。一般的には、工事の無事と家の繁栄を祈る儀式と認識されています。

やるかやらないか?

こればかりは施主に委ねられているものですが、住宅メーカーなどでは、住宅購入に含まれているケースが多く、行われるのが一般的です。また、現在住んでいる所と新築する場所が離れていて、容易に行く事が出来ない場合は、工務店や工事業者などで略式的に済ますケースもあります。

自分達で行う場合

一般的には行う儀式なのであれば、やる方向で検討した方が良いと思いますが、そうは言っても当然費用は掛かります。規模や施主の希望によってその費用にも差があり、3万円くらいから、中には20万くらい掛ける施主の方も居られる様です。

流れとしては、式を行う神社へ依頼して「宮司」さんに直接建築予定地まで来ていただいた上で執り行います。その際に「初穂料」(玉串料など)を謝礼としてお渡しします。(式に必要なものは工務店が用意してくれるのが一般的)

詳しくはこちらに書かれています。

参考 地鎮祭マナー&ビジネス知識

簡略化して費用を抑えたい

やっぱり必要なものであれば「やらなければいけない」と思うもの。でも、しなくても良いものなら「やらなくても良いのでは?」と考えます。色々考えた結果。

Kei

せっかくなら自分達でやってみよう!!

必要なものを検索してみると・・・

  • 御札
  • 鎮め物
  • 御砂

この辺りが必要になるとの事で近所の神社に電話してみましが、「鎮め物」だけを渡すことは基本無いらしく、その理由として御霊をいれてから宮司さんが直接地鎮祭の時にお持ち込みされるのが一般的だそうです。

更に検索してみると大阪に「お祓い、祈祷」して持ち帰れる神社がありました!!

それが・・・

『方違神社』(ほうちがいじんじゃ)

f:id:keisuke9140:20160523110510j:plain

なんでも新築に限らず、引っ越しやリフォームなどもご祈祷できるみたい。
方違神社 公式サイト 〜方災除の社〜 (ほうちがいじんじゃ)

早速行ってきました!!

方違神社へご祈祷

大阪府堺市堺区の北三国ヶ丘にあります。
電車だったら「堺東駅」
車でも駐車場が20台近くおけるスペースがあります。

f:id:keisuke9140:20160523104810j:plain

境内の中に車は停められますし、日曜の午後だったからか比較的スムーズでした。「お祓い・ご祈祷」の受付は社務所内にあります。

※社務所内は撮影禁止でしたので外観だけになります。

f:id:keisuke9140:20160523105217j:plain

社務所内の受付用紙に必要事項を書きます。

  • 現住所
  • お名前
  • 本人以外の同居人数
  • 初穂料(5千円、1万円、2万円)

私は5千円にしました。
1万円にすると立派な棟札がいただけます。

記入した用紙を受付の方にお渡しすると、確認事項があります。

  • 新築する地番(住所)
  • 着工日
  • 現在住んでいる家から向かってどの方角に新築するか

なんと新築の地番をうっかり忘れてしまいました!!

幸いに住んでる家の隣に建てるので、家の東としましたが、事前に地番の準備(下調べ)しておきましょう!!(笑)何組か纏めて「お祓い・ご祈祷」をする様になっていて、受付が済むと番号札を渡され、待合室で待つことになります。私が行った日でも終わりかけなのに10組近く居られました。

時間になると呼ばれ、2階の神殿に通されます。
約10分位の式です。

新築の案件以外でも、「リフォーム」「引っ越し」もありましたし、「修学旅行の安全祈願」もありましたので、この辺りは一般的な神社としてのご祈祷って事だと思います。

式が終わると番号札と「おさがり引換券」との交換で、「鎮め物」「御砂」「御札」「撤饌」「参拝の栞」が渡されます。

これで終了となります。

最後に本殿で参って帰ろうと思ったのですが、あいにくの工事中。

f:id:keisuke9140:20160523110357j:plain

左に見える所でお参りしてきました。
せっかく来たので自前の『朱印帳』にも書いていいただきました。

f:id:keisuke9140:20160523110723j:plain

略式地鎮祭これからの流れ*1

①御砂(おすな)を撒く

  建築予定地の四隅へ着工前に撒きます。

②鎮物(しずめもの)を埋める

  工務店に渡すものです。
  基礎工事の基礎中心に一緒に埋め込んでしまいます。

③棟札(むなふだ)を祀る

  工務店に渡すものです。
  棟上げの時に棟木につけます。
  上棟式などで使います。(我が家は上棟式も略式にします)

簡略式に関しての記事も書いています。

自分達だけで地鎮祭を簡略式にしたはなし自分達だけで地鎮祭を簡略式にしたはなし

まとめ

一般的にご祈祷可能な神社であれば、地鎮祭は可能だと思いますが、鎮め物や棟札、御砂などが持ち帰れるかどうかは事前に確認しなければいけません。お守りいただけるのなら、やはり近い神様がいいかなと思うので、まずは近所の神社で聞いてみるのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です